ホーム > ニュース > パンダの最新ニュース

子守りの昭美

著者:作者:文:冉雪赢 图:资讯部       時間:2022-05-22

穀雨、二十四節気の第六節気で、春の最後の節気です。この日、人々は中国の歴史人物の倉頡を祭ったり、チャンチンを食べたり、牡丹を鑑賞したり、穀雨のお茶を飲んだりします。穀雨の後、成都の天気がだんだん暖かくなってきて、多くの親たちは子供を連れて外に出て、日光浴をしたり、新鮮な空気を呼吸したりします。パンダ基地では、パンダの昭美も春の尾をつかむことを忘れず、夏が来ないうちに、晴れた日に、子供を活動場に連れて行って運動します。

 

1.jpg

 

2.jpg

子守の前の昭美

 

3.jpg

子供の面倒をしている昭美

 

子守の昭美はとても細かくて、ずっと子供の動きに注目します。いつも子供のことを心配する母親です。

 

4.jpg

昭美:「可愛い子よ、行って!仲間たちと楽しく遊んでね。」

 

5.jpg

昭美:「一歩一歩遠くへ離れた子供よ、お母さんはずっと後ろで注目して支持しますよ!」

 

6.jpg

昭美:「よかった、まだ視線内です。」

 

子パンダが高いところで遊びたくて、木登りを習った時、昭美もできるだけ木の下で黙々と支持します。

 

7.jpg

 

8.jpg

 

8.jpg

 

9.jpg

 

10.jpg

 昭美:「お母さんはずっと守っているよ」

 

 谷雨の後、立夏までに、自分のお母さんと一緒にパンダ基地に来て、子守りの昭美を見ましょう。